温泉、これだけは注意して!

こんなときには要注意!

自分の体の状態を考えて、入浴のルールを守りましょう。
■お酒を飲んだあと
血圧が急に変わることにより、脳貧血の危険もあります。
お酒を飲んだあと
■ごはんを食べた直後
血液が皮膚や腎臓に行きわたり、消化・吸収の働きが悪くなります。食後は30分~1時間の休憩をとってから入浴を。
ごはんを食べた直後
■スポーツをした直後
筋肉の疲れがとれにくく、心臓への負担も倍増します。スポーツ後は最低でも30分の休憩をとってから入浴を。
スポーツをした直後
■風邪をひいたとき
体調が良くないときに熱い湯に浸かるのは厳禁です。熱の無いときならぬるま湯にゆっくり浸かり、湯冷めをしないように。
風邪をひいたとき
■熱い湯にはいるとき
高齢の方や、高血圧症、動脈硬化症、心臓病、呼吸器病の方は42℃以上の高温湯を避けましょう。
熱い湯にはいるとき

温泉の禁忌症

病気など体が弱っているときには、温泉の薬効成分が逆効果になることがあります。
  1. 次の症状に当てはまる方は温泉入浴を控えましょう
  2. ・関節リウマチの病状進行期

    ・風邪など、あらゆる急性疾患(熱のあるとき)

    ・がん、白血病、肉腫

    ・急性伝染病

    ・高血圧、動脈硬化の重症なもの

    ・糖尿病の重症なもの

    ・心臓病、腎臓病の重症なもの

    ・発病後間もない脳卒中、胃・十二指腸潰瘍

    ・大血管の動脈瘤

    ・妊娠初期と後期(※寝浴で1日2回までなら大丈夫です。)

  1. 次の方は、硫黄泉は控えましょう
  2. ・高齢の方、乾燥肌の方、皮膚粘膜の過敏な方(特に光線過敏症)

  1. 次の温泉の場合、症状に当てはまる方は飲泉を控えましょう
  2. ・硫黄泉、単純二酸化炭素泉…下痢をしているとき

    ・塩化物泉、重曹泉、芒硝泉…腎臓病、高血圧症、むくみのあるとき

    ・ヨウ素を含む温泉…甲状腺機能亢進症のとき