温泉医科学研究所について

温泉医科学研究所について

「温泉医科学研究所」は、一般財団法人日本健康開発財団が、「温泉・入浴を活用した健康づくり」を 医科学的に研究することを目的に、2012年4月に設立しました。多様な研究機関、企業、自治体等と 連携して研究を進めながら、温泉等にかかわる様々な情報を発信していきます。

The Onsen Medical Science Research Center was founded in April 2012 by the Japan Health & Research Institute for the purpose of medically researching the promotion of health through hot springs and bathing. As it advances research in cooperation with a variety of research institutes,corporations,government agencies, and other entities,the Center will disseminate diverse information related to hot springs.

主な活動

■研究活動
  1. 温泉・入浴等にかかわる研究の実施
  2. 研究会の開催
  3. 国内外での学会発表、学術論文のリリース
Research activities
  1. Conduct research related to hot springs, bathing, etc.
  2. Convene study groups
  3. Perform presentations and publish academic papers in Japan and overseas
■普及・啓発活動
  1. 研究成果をもとに、「温泉・入浴等を活用した健康づくり」の提案と推進
  2. ポータルサイトを活用したネットワークづくりと定期的な情報発信
Popularization and awareness-building activities
  1. Based upon research results, propose and advance "promotion of health through hot springs and bathing"
  2. Build a network and regularly release information through a portal website

日本の温泉・入浴

日本には世界最大規模の温泉資源があり、歴史的にも長い温泉文化があります。また、日常的に湯につかるという世界的にみて特徴的な生活習慣があります。われわれは、日本の温泉・入浴文化が、日本人の健康に寄与し、長寿に貢献しているとの仮説にたっています。

Japan is home to world-class hot spring resources, and its hot spring culture has a long history. Moreover, the lifestyle custom of soaking daily in hot water is a characteristic one of Japan. We are acting on the hypothesis that Japan's hot spring and bathing culture contributes to the health and longevity of the Japanese.

所長 Director

所長

早坂信哉

所長・博士(医学)・温泉医療法専門医
専門領域:温泉医学、公衆衛生、疫学、地域医療

Shinya Hayasaka
Directr, MD, PhD, Balneology specialist
Research Interests: ・Balneology, Public health, Epidemiology and Community health

■ひとこと
健康づくり、特に温泉・入浴と健康の関係について研究しています。温泉利用や生活習慣としての入浴の健康づくりへの効果を検討し、心と体に良い入浴方法の提案を目指しています。

Dr Hayasaka conducts research into the promotion of health, particularly the relationship of hot springs and bathing to health. Examining the effects that hot spring usage and bathing as a lifestyle custom have on the promotion of health, he aims to propose bathing methods that are beneficial to the mind and body.

副所長 Deputy Director General

副所長

樋口善英

副所長・博士(保健医療学)・理学療法士
専門領域:理学療法

Yoshihide Higuchi
Deputy Director General,PhD,Physicaltherapist
Research Interests: ・Physical Therapy

■ひとこと
温泉を利用した健康増進プログラム開発を行っています

Program development which promotes people`s health with the utilization of Onsen

連携研究者

連携研究者
  1. 中村好一(自治医科大学教授)
  2. 尾島俊之(浜松医科大学教授)
  3. 西野精治(スタンフォード大学教授)
  4. 大塚吉則(札幌国際大学教授)
  5. 上岡洋晴(東京農業大学教授)
Collaborative Researchers
  1. Yosikazu Nakamura. Professor, Jichi Medical University.
  2. Toshiyuki Ojima. Professor, Hamamatsu University School of Medicine.
  3. Seiji Nishino. Professor, Stanford University School of Medicine.
  4. Yoshinori Otsuka. Professror, Sapporo International University.
  5. Hiroharu Kamioka. Professor, Tokyo University of Agriculture.

アクセス情報

地図