アーカイブ(研究年報)

平成3年 第13号

巻頭言

「地道な研究活動のうえによりよい成果を」
【研究者】(財)日本健康開発財団 会長 井上 秀人

【温泉療法 クアハウス 健診事業 調査研究 高齢化社会】

助成研究

歩行による中高年齢者の健康保持・増進に関する研究
【研究者】東京大学教育学部体育学・スポーツ科学研究室 平野 裕一

【中高年者 歩行トレーニング 呼吸循環系機能の改善 運動強度 エクササイズ・ウォーキング】

温泉地での男子中高年軽度健康異常者の短期保養行動その後の生活習慣に及ぼす影響の検討
【研究者】東海大学体育学部社会体育学科 大堀 孝雄

【温泉地での短期保養実践 積極的健康づくり 軽度成人病所見の中高年者 生活習慣改善 行動変容】

日本における超高齢者の食生活 - その実態と背景に関する検討 -
【研究者】国立健康・栄養研究所 小林 修平

【高齢化社会 超高齢者 食品群別摂取状況 栄養素摂取状況 運動】

温泉資源を活用した長期滞在型保養地開発適地の総合調査
【研究者】(財)日本交通公社 原 重一

【温泉資源の活用 長期滞在型保養地 衛生学的配慮 療養環境 都市計画】

伝統的温泉保養の効果に関する調査(継続)
【研究者】山形県衛生研究所 片桐 進

【湯治 伝統的温泉利用 肘折温泉 入浴効能 地蔵尊井温泉之縁起(文献資料)】

参考研究

運動療法の基礎としての運動生理
【研究者】東京大学教養学部保健体育科 跡見 順子

【運動療法 有酸素運動 筋収縮 運動強度 心臓血管反応】

考察

温泉の効果的活用についての条件整備に関する考察
【研究者】(財)日本健康開発財団 諏訪薗 辰雄

【健康づくり 国民保養温泉地 温泉医学 療養泉 温泉利用指導者】

厚生科学研究

温泉その他の保健資源を活用した空間整備方策に関する研究について
【研究者】(財)日本健康開発財団 岩崎 輝雄

【積極的な健康増進 地域経済活性化 余暇活動のニーズ 連続休暇制度 長期滞在型健康リゾート】

寄稿論文

アメリカの総合的健康リゾート「キャニオンランチ」
【研究者】厚生省保健医療局 井上 恒男

【事例紹介 ヘルススパ キャニオンランチ 行動変容 総合的プログラム】

学会発表

肥満者における生活習慣と性格上の特徴および血圧と肥満度の関連について - 有効性の高い減量指導法のための基礎的検討 -
【研究者】日本大学医学部総合健診センター 久代 登志男

【肥満 生活習慣 性格 行動変容 減量指導】